COMPANY INFO

映像制作部 作品紹介

『ミュージックパトロール チェキラ!』 NHKラジオ

番組

ミュージックパトロール チェキラ


 

 毎週日曜 20:05~20:55 NHK ラジオ第1

 

 パーソナリティー:寺田ちひろ・玉木 碧

 

CRAZY TV担当スタッフ

ディレクター:水野真里江


 

テレビ制作を中心にやってきたCRAZY TVで初のラジオディレクターという仕事。全く何もわからない状態からのスタートでした。

 

『ミュージックパトロール チェキラ!』は毎回ディレクターが自分で台本を書き、収録から編集まで全てを行います。選曲もディレクターが行うため、最新のリリース情報をチェックしつつ、巷で流行っている曲や、若い層に人気のアーティストなどをいち早くキャッチすることが大切です。
とくにお店で流れている曲には本当に敏感になりました。曲名が分からない場合はスマホのアプリを使い店内で流れている曲を検索し曲名をチェック、流行を逃さないように気を付けています。
個人的には念願の音楽番組で「自分の好きなバンドをたくさんかけてやるぞ!」という思いもあったので、リリースがあるときはすかさずかけるようにしています。

 

番組は4月からパーソナリティーが2人となり、賑やかで可愛らしいやりとりを繰り広げています。台本を書くときは2人の人柄が生きるように、それぞれに似合った言葉を選ぶようにしています。そういった細かい違いなども楽しんでもらえると嬉しいです。

 

テレビでは技術(ミキサー)さんにお任せする最終的な音の編集も、ラジオではディレクターが中心となって行います。音楽をかけるのはもちろん、音量の上げ下げ、音楽から音楽への乗り替えや、パーソナリティーのトーク中に流すBGMなど、まるでDJのようにリアルタイムでフェーダーを操りながら流し込んでいきます。
最初はとても難しく苦労しましたが、今では自分なりのこだわりも持てるようになり、かなり楽しんでやっています。

 

当然映像のない番組ですが、その分リスナーの皆さんの想像力を刺激することが出来るのがラジオ特有の魅力だと思います。例えば、クリスマスのときは、パーソナリティーもディレクターもサンタの帽子をかぶって収録したりしています。
その模様は映像としては伝えることはできませんが、「実は私たち、サンタの帽子を被って収録しています・・」という伝えられないもどかしさ・おかしさをリスナーに味わってもらうことができるのもラジオの面白さだと思います。

 

やればやるほど感じるラジオの奥深さ。ラジオディレクターとしてはまだまだですが、ラジオ制作で得た知識をテレビ制作にもフィードバックしていきたいですね。

 

最新のヒットチャートをチェキラ!できる、「ミュージックパトロールチェキラ!」ぜひ聴いてみてください!

 

(2014年6月期)

 

 

≪PICK UP PHOTO:CDデッキ≫

DSC_3000

収録ではディレクターがここからCDを流すそうです!テレビでは基本的には技術さんがやってくださいます。自分でやらないといけないと思うとちょっと緊張しますね・・・【HP担当者】